社 会 保 障(2021年8月30日更新)
                   

自己紹介 研究所 地域サロン 社会保障
研修・講演 相談室 山歩き English リンク

新自由主義による行革のツケ!
国内ワクチン開発など基礎研究費、公立・公的病院の削減。保健所の統廃合の一方、ひたすら国民に自粛。
おかげで自宅"療養"というの棄民による急逝も!
メディアの"二枚舌"
オリ・パラに批判的なメディアもスポーツ欄は花盛り、メダル受賞に公共放送までもが「速報」。これで「社会の公器」?
それでもオリ・パラ!
コロナ収束は早くて今年末? ヨーロッパではロックダウンの一方、数千億~数兆円の支援金
メイン会場の新国立競技場は旧明治神宮外苑競技場で、学徒出陣の元壮行会場
今年は衆議院解散・総選挙

国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の憲法の三大原則をもう一度自覚したい

今年は衆議院解散・総選挙

社民・国民の大半と合流の立憲、どうする野党共闘!
問われる国家ビジョン
2021年度、第八期介護保険事業計画策定
 
コロナショックもあって給付費抑制! 「介護の社会化」だったが・・・ 
政府の「自助」論
日本国憲法によれば政府の公助が基本。何のための税金・社会保険料の負担?

実態不知の発言
 「アンダーコントロール」、「復興五輪」というオリ・パラ、東電福島第一原発事故”処理水”の海洋放水
「消費税は向こう10年、再引き上げせず」
経団連は19%にとも!10%引き上げで軽減税? ヨーロッパでは食料品など2~6%!

“終活”は「人生100年」の完結編
「金は天下の回りもの」、自分へのご褒美に使いたい!本来は政府の公的責任としての公助が基本だが・・・
くわしくは拙著『老活・終活のウソ、ホント70』大学教育出版

「共助」と互助の概念の混乱
互助は住民同士、共助は第三者の支援。概念は米沢藩主・上杉鷹山の「三助論」に由来のはず。
まして一国の首相が「まずは自助」とはびっくり!
くわしくは拙著『地域福祉源流の真実と防災福祉コミュニティ』大学教育出版

防災と減災の意味分けを
防災は事前措置、減災は事後措置。ゆえにより重要なのは防災のはずだが・・・
くわしくは拙著『防災福祉のまちづくり』水曜社

「歌を忘れたカナリア」
労働組合運動、消費者運動、住民運動、学生運動、市民活動は今
IR構想で自民党議員逮捕

ゼネコンの利権に一部議員がらみ? 反対の横浜市長候補の当選
「老後資金2,000
万円必要」!
政府は報告書を受け取らず。「100年安心年金」はどこへ行った!

消費税8%は据置税率
軽減税率とは現行の税率を引き下げ、すなわち、8%未満にすること
「大阪都構想」「ふるさと納税」論議
根は、言うことを聞く自治体のみ交付される集権体制が元凶

軽井沢でも9条の会
現地在住の岩越陽子氏代表。くわしくは「追分だより」
住民、別荘族、行楽客との連携が課題?

社会保障給付費、一般会計予算の30%台

 
医療にメス入らず。防衛(軍事)費の削減や大企業の内部留保の放出、国有地の売却を。北欧では40~45%も拠出
企業年金の行方
 
厚生年金基金は解散、福利厚生も縮減。全体の4割は非正規雇用。労組加入率は18%以下
「万国の労働者よ、団結せよ」?